昔から言われる「親の味」。受け継ぐべきか?受け継がないのは親不孝か?

f:id:kome-umai:20170702121211j:plain

 

こんにちは。ライスマンです。

 

今朝は市販のカレーパンを食しました。

 

 

先ほど母と口論をしたのですが、そこで疑問に思ったことがあり。

 

あらすじとしてライスマンは実家暮らし、フリーターのため仕事がない日(出かけない日)は家で夕飯を作る当番として成り立っています。

 

自分でオリジナル創作料理を作ると味がびしっと決まらず微妙~~になり、もっぱらパソコンやスマホでレシピを検索してその通りに真似して作るのです。(そうした方が美味しいから。)

 

 

そして先ほどの口論、一部公開。

 

「~~(略)そうやってパソコンで検索ばっかしてるから親の味を受け継がないよね!」

 

と母は言いました。こちらも頑固な性格なので負けじと反論。

 

「そっちが作るときは母の味になるから、たまに(ライスマンが作るときは)味が違っていいじゃん!母の味を覚えると全部一緒の味になるじゃん!じゃん!じゃん!」

 

ジャンジャン。子供じみた反論。

そこで口論終了(ケンカには至らない)しましたが、落ち着いて考えてみると

 

『親の味って受け継がなくても良くないか?』と頭がよぎった。

 

 

チク…チク…チク……ポーン

 

(お寺の内にある時計の音・静寂のなか心が鎮まる気がする)

 

 

 

サアアアア………カサ…カサ……

 

(風の音・竹やぶの音・落ち着きたいときや疲れたとき、癒されたいときに有効)

 

 

カーン!カーン!静粛に…静粛に……

 

(審判の叩く音・金物の響く音により身を恐縮させる、気を引き締める効果あり)

 

 

『えー、ゴホン。ゴホン。ゴウェッフ!あっ器官に入っ…ゴッホオウッフ…ハアハア……それでは、発言者ライスマンの許可を下す。発言せよ。(ザワ…ザワ…)静粛に!静粛に!

 

 

審判者からの許可を得たので発言します。

 

親の味」。受け継いだ方がいいのか、受け継がなくてもいいのか。

 

受け継いだとしても自分は一生子供をつくらないと今のところそう考えているので、ライスマンで「親の味」が途切れるわけだ。

 

そもそも親の味ってなんだ?あったっけ?母の得意料理とか?

 

母の得意料理と聞いてこれを見ている人は果たして思い出せるものがあるだろうか?

 

思い出せる人は母との仲も良好、家族にも気を配れる素晴らしい人だ。っていうかこれを見ている人はだいたい素晴らしい人だから思い出せるはずだ。分からない人は肉じゃがって答えておけ。彼女か!ってなるけど。

 

 

ちなみにライスマンは親不孝者なので母の得意料理は卵焼きとから揚げしかわからない。

 

しかもそれは自分が食べて美味しいと思う母の手作りであって、母自身の得意料理ってわけじゃないっていう。いいんだよ。それでいいんだよ。

 

 

脱線しますがライスマン母のから揚げはすっご美味いんです。(脱線すな)

 

ちっさくて黒いカタマリだけど市販のよりやわらかくて衣が薄くて、味が美味い。美味いんだ。にんにくは入れずに醤油とショウガに漬けておくらしい。

 

油が使い回しているものだからか黒く揚げられてくるんだけど美味いんだ…。

 

 

話は脱線しましたが、ライスマンは「親の味」を無理して受け継がなくてもいい気がします。

 

親の味を覚えたいって人は別だけど。そういう人はどんどん親から教えてもらってください。きっと親も嬉しいから。かけがえのない時間ってやつだから。

 

 

成人すると言い訳もきかず、親から料理を教わるって機会をつくらないと聞くのも難しいと思います。

 

恥ずかしいよね。でも出来る人はその恥ずかしさを打ち破って親との「教わってる時間」を感じてください。ライスマンはしません。頑固なんですわ。

 

 

何が言いたいかって何も言いたいわけじゃないけど、昔から言う「親の味」ていうのはきっと大事なものだから、教われる人は教えてもらうのが良いかなって感じ。

 

 

自分の時間も大事だけど、親との時間も大切にな!

 

 

 

全然関係ないけれど、ここ数日鼻の奥がやられててくしゃみ→鼻水がスーッとサラサラ垂れてくる現象が悪化して蓄膿?症?みたいな超粘っこい黄色い(汚くてすみません)のが朝うがいしたら「カアッ!ペッ!」って出てきたんで、早く治ればいいなーって思っています。

 

 

あばよ!

 

 

 モッピー!お金がたまるポイントサイト